断食用酵素ドリンク「優光泉」でファスティング!酵素ダイエット体験

栄養の知識の今と昔

栄養の知識の今と昔

最近は健康ブームの影響もあって、テレビなどでこれが身体にいい、と紹介されるとすぐに飛びついてその食品を極端に摂取する人が結構多いようです。

 

マスコミの影響力はすごいもので、スーパーなどでは紹介された商品が在庫切れになってしまうこともあります。

 

マスコミで紹介されるときは、その食品を単品で紹介することが多いですから、消費者もどうしてもその商品のみを極端に取り入れようとする傾向があるようです。

 

けれども、どの食品でもいえることですが、それだけ効果のあるものは、逆に摂り過ぎることによる弊害もあるのです。

 

食べ物は薬と同じです。

 

そればかりを摂り過ぎると健康面でのリスクがあることを意識してください。

 

食品は何でも必要な量だけ、ほどほどに摂取するのが一番良いとされているのです。

 

一例をあげると、身体に良いとされるお茶ですが、これも飲みすぎると鉄の吸収力を減らしてしまって貧血になってしまいます。

 

お茶に含まれるタンニンが鉄と結合して吸収されないタンニン鉄を作ってしまうからです。

 

バランスの良い食事を摂るための食品として「ことまごわやさしい(子と孫はやさしい)」という覚え方があります。

 

これらを食べると健康になるという食品です。

 

「こ」は米、雑穀(米は5分から7分づき)、「ま」は豆類、豆製品、「ご」はごま類、ナッツ類、「わ」はワカメなど海藻類、「や」は野菜、果物、「さ」は魚、「し」はしいたけ、きのこ類、「い」はいも類、です。

 

難しく考える必要はありません。いつもの食事に足りないものを少しプラスするという考え方です。

 

ややこしい計算などはいりませんから、誰でも簡単に実践することができます。

 

反対に、長く続けると病気になる食品に関しても、同じような覚え方があります。

 

「ははきとく、どんなおかあさんもやすめちゅうい(母危篤、どんなお母さんも休め注意)」です。

 

「は」はハンバーグ、次の「は」はハムエッグ、「き」は餃子、「と」はトースト(白パン)、「く」はクリームシチュー、「どん」は丼物、「な」は南国料理、「お」はオムレツ、お好み焼き、「か」はカレーライス、「ア」は甘い砂糖の入った菓子、「さん」はサンドイッチ、「や」は焼きそば、「す」はスパゲッティー、「め」は目玉焼き、「ちゅう」は中華料理、ラーメン、「い」はイタリア料理、フランス料理、となります。

 

近年、塾通いの子どもや共働きなど、生活環境の変化によって、子どもも大人も手軽に食べられる食事が好まれています。

 

これらの手軽な食事はビタミン、ミネラルが不足していて脂肪過多となっているものがほとんどです。

 

このような食生活が続くことで、生活習慣病やメタボリックシンドローム、動脈硬化などが誘発されてしまいます。

 

気をつけなければならない食事のパターンです。

 

日本の栄養学の基本は戦後すぐに作られたものなのですが、最近になって指摘されている間違いもあります。

 

間違いを指摘されている代表的なものとして、ほうれん草があります。

 

ほうれん草は、鉄やカルシウム、リン、ベータカロチンを多量に含んでいて、優れた栄養素がある野菜だといわれてきました。

 

しかしながら、ほうれん草に含まれるシュウ酸が、鉄分やカルシウムの吸収を妨げるということがわかってきました。

 

ほうれん草に含まれるシュウ酸は鉄分とくっついているのですが、体内に入っても他の食品からきた鉄やカルシウムとくっついてしまうため、身体への利用ができなくなり、むしろその働きを抑えてしまうのです。

 

鉄分豊富な食品で、貧血気味の人はほうれん草を食べなさいといわれてきましたが、逆だったということになります。

 

体内の造血機能のリズムでは、鉄分から血中のヘモグロビンが作られるのは午前中が多いので、特に午前中にはほうれん草を食べないほうがいいでしょう。

 

食べるのならば、肉や魚などの動物性食品と一緒に食べることによって吸収されやすくなりますから、肉料理の付け合せ野菜などにするといいでしょう。

 

ほうれん草の鉄分は、単独では何の役にも立たないということです。

 

シュウ酸は、ゆがくことによって多少は減るのですが、なくなるわけではありません。

 

アメリカではシュウ酸の影響をもっと重く見ています。ほうれん草の他に、牛乳についても、ずっと誤った知識が伝えられてきました。

 

カルシウムを摂るために、積極的に牛乳を飲むのが良いといわれてきましたが、毎日大量に飲むと代謝にトラブルを起こしますし、肥満や高血圧症を招くことにもなります。

 

日本人は遺伝子の関係で、乳糖不耐症の人が多いのです。

 

乳幼児の頃は母乳に含まれる栄養素を吸収するために、すべての子どもが乳糖を分解するラクターゼという酵素を持っているのですが、生後一年前後の離乳期からラクターゼの活性が弱くなり始めます。

 

成人になるとこのラクターゼはほとんど活性化しなくなるのですが、これは日本人に限らず、世界人類の80%から90%の人に当てはまるというデータがあります。

 

成人になって乳糖を分解できる遺伝子を持っているのは、北欧の人に限定されるそうです。

 

ラクターゼを持っていないと牛乳の飲み過ぎが腸を汚す原因になることがありますし、また、乳製品は脂肪を多く含みますから肥満の原因にもなります。

 

カルシウム不足の対応として牛乳を飲んでいたのですが、日本人にくらべてずっと多くの牛乳や乳製品を摂っている欧米人のほうが、高い確率で大腿骨骨頸部骨折になっています。

 

大腿骨骨頸部骨折は、カルシウム不足からなる病気である骨粗鬆症が主な原因ですが、日本人の約1.7倍の乳製品を摂取しているアメリカでは、日本人の約2.5倍の大腿骨骨頸部骨折の罹患があるそうです。

 

このデータからも、牛乳をたくさん飲めばカルシウムが摂れるというのは間違いだったといえます。

 

カルシウムは、小魚や海藻をビタミンDと一緒に摂取するのが効率的です。

 

ビタミンDは、レバーや青魚、干し椎茸、卵黄、バターなどに含まれますが、これらを一緒に摂取することで、カルシウムの吸収率が20倍にもなるそうです。

 

また、イソフラボンには骨の分解を抑えて造骨する働きがありますから、大豆製品を摂取するのも良いとされています。

 

逆に、カルシウムの吸収を阻害するものとして、リンを多く含む練り製品やインスタント食品、炭酸飲料がありますので、これらの摂取には気をつけるようにしましょう。


栄養の知識の今と昔関連ページ

農作物と魚介類と玄米
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
油の話、ほんとうは?
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
便秘の話
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
もっとミネラルを摂ろう
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
野菜の下ごしらえと選び方
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。

まずはこちらから

優光泉の材料産地