断食用酵素ドリンク「優光泉」でファスティング!酵素ダイエット体験

もっとミネラルを摂ろう

もっとミネラルを摂ろう

現代人のミネラル不足は深刻な問題です。

 

昔は食品の中に、ビタミン、ミネラル、酵素などが自然に含まれていました。

 

ミネラルは体液量や、酸とアルカリ度の調整、筋肉や神経の働きの調節にも欠かせません。

 

ビタミンと同様に、炭水化物やたんぱく質、脂質などの代謝にも深くかかわっています。

 

必要量はごく微量なのですが、生命維持には不可欠の栄養素なのです。

 

しかしながらミネラルは人間の体内で作り出すことができないので、食べ物から補わなくてはなりません。

 

摂取量が不足すると欠乏症となり、さまざまな病気のもとになってしまいます。

 

とくに断食を行うときに、ミネラルの補給は欠かせません。

 

たとえば、マグネシウムはミネラルのなかでもとりわけ酵素を活性化する働きを持ちます。

 

そしてカルシウムの働きを調整します。

 

たとえば、細胞内でカルシウム血漿を取り除いて、細胞が本来の働きができるようにするのですが、不足するとカルシウムが組織にたまってしまって、本来必要とするところにカルシウムが足りなくなってしまいます。

 

また逆にカルシウムが流れ込み過ぎることによる害として、筋肉の収縮がうまくいかずに起こる疾患もあります。

 

筋肉の収縮は、筋肉細胞の中にマグネシウムが入ることで緊張感が高まって起こるので、マグネシウムが不足すると細胞内がカルシウム過多となってしまうのです。

 

鉄分が不足すると、なんとなく身体がだるい、冷える、朝が弱い、無気力などの症状が出ます。

 

鉄分は赤血球中のヘモグロビン構成の成分である酸素を運搬し、筋肉中ではミオグロビンの成分として血液中の酸素を筋肉に取り入れる役目を果たし、さらに各細胞で酵素と共に、酸素の働きを活性化してエネルギー産生を助けるという働きをするのです。

 

酵素の活性化やDNAの複製に関与するミネラル成分である亜鉛が不足すると、乾燥肌、抜け毛、爪の変形などが起こります。亜鉛不足は美容の敵といえるでしょう。

 

これらのミネラルは、果物や野菜を生で食べることで、多く摂取することができます。

 

果物と野菜の生食は、ビタミン、ミネラル、酵素の摂取の他にも、メリットがたくさんあります。

 

水分や食物繊維が多いので、身体の掃除、腸の掃除をすることができます。

 

果糖などの良質の糖質が脳の栄養源、エネルギーなどの活力の源となります。

 

微量ではありますが、良質のアミノ酸と脂肪を含んでいます。

 

抗酸化や抗腫瘍効果をもつ栄養素であるポリフェノール、フラボノイド、カロチノイドなどを大量に含んでいます。

 

抗がん作用のある白血球サイトカインが活性化します。

 

生野菜は人間に必要な栄養素に満ちているのです。

 

生野菜は身体を冷やすから良くないという人もいるのですが、加熱野菜と生野菜を比較して総合的に見ると、プラス面が多いのは生野菜です。

 

酵素が熱に弱いというのも、生がよいとされる理由の一つです。

 

ただ、加熱野菜にも生野菜にもそれぞれに良いところがあるので、極端に片方ばかり食べるのではなく、どちらもバランスよく摂取するのが望ましいといえるでしょう。

 

生野菜と同時に梅干やみそ汁などの陽性の抗酸化物質を摂ることで、冷えの対策にもなります。

 

食品は加熱することによってアルカリ性食品に傾くものが多いのですが、野菜も煮る、焼くなどの加熱をすればするほどアルカリ性に傾きます。

 

胃液は酸性ですが、酸性度をほぼ中性のペーハー7.4に保つためには、生野菜を積極的に食べてバランスを保つ必要があるのです。

 

生で食べる果物も、酵素の働きを高めます。

 

果糖が肥満や糖尿病を招くといわれますが、果物に含まれる果糖は、フルクトキナーゼ酵素の働きで代謝がすばやいので、糖尿病などを併発する糖ではありません。

 

野菜、果物、食物繊維の多い食品を積極的に摂ることを、常に心がけましょう。

 

食物繊維の多い食材
繊維の多い野菜 切干大根 日本かぼちゃ かんぴょう たけのこ ブロッコリー キャベツ にんじん らっきょう(甘酢漬け) ほうれん草 なす たまねぎ ごぼう 京菜 大根 大豆 
(野菜は生野菜、煮野菜とも必要) カリフラワー 白菜 さやいんげん おくら もやし 冬瓜 
繊維の多い海藻・キノコ・山菜類 ひじき 昆布 根昆布 生わかめ 生しいたけ 寒天 黒きくらげ ぜんまい しめじ えのきだけ ほんしめじ マッシュルーム なめこ 干ししいたけ わらび 青のり 乾燥わかめ あまのり もずく
繊維の多い果物 干し柿 甘栗 キウイフルーツ 西洋なし あんず りんご 甘柿 ごま いちご バナナ もも 日本梨 温州みかん マスクメロン パイナップル 干しぶどう 落花生 カシューナッツ グレープフルーツ いちじく すいか ぶどう ぎんなん
豆・大豆 いんげん豆 そら豆 糸引きわら納豆 おから きなこ あずき 脱脂大豆 大豆(乾燥) 大豆(ゆで) グリーンピース うずら煮豆 おたふく豆 枝豆
いも類 さつまいも 里いも ポテトコロッケ じゃがいも やまのいも 長いも

 

ミネラル成分(養生ガイドブックより・鶴見クリニック)
特長・欠乏症 多く含まれる食品
マグネシウム(300mg/日) 他のいかなる体内ミネラルよりも酵素を活性化させる作用がある。半分は骨に存在しており、残りは心臓、筋肉、肝臓、腎臓、神経細胞に存在する。1日の摂取量は300mg、ビタミンCと同様、細胞中濃度を高めることにより、細胞本来の働きを取り戻し、異常細胞を正常化させる働きがある。マグネシウムが不足すると自閉症、神経過敏、筋肉の痙攣、生理痛、生理不順という症状が出る原因にもなる。 干こんぶ 干ひじき 焼きのり 黒大豆 アーモンド カシューナッツ 他
亜鉛(15mg/日) 300を超えるさまざまな酵素の活性化に関与する。創傷治癒を早めたり、病気の予防や回復に役立ち、生体膜の安定化(老化防止)をする作用がある。不足すると視力低下、高血圧、貧血、易疲労といった症状が出てくる。 カキ 豚レバー 牛肉 のり 煎りゴマ 松の実 抹茶 カシューナッツ 他
鉄(10〜12mg/日) 赤血球のヘモグロビン構成の成分として酵素を運搬し、筋肉中ではミオグロビンの成分として、血液中の酸素を筋肉に取り入れる役目がある。各細胞では酸素を活性化し、エネルギーの産生を助ける。不足すると、冷え、めまい、無気力、血色不良、朝起きられないなど、だるさの原因にもなる。 のり ひじき レバー 大豆 ほうれん草 緑黄色野菜 わかさぎ いわし 他
マンガン(2mg/日) 酵素やたんぱく質と結合して、その触媒調整をする。他のよく似たミネラル(とくにカルシウム、マグネシウム)のピンチヒッターにもなる。SOD(活性酸素除去酵素)の働きの補助、血糖降下作用もある。欠乏によって起こる症状は、骨の発育が遅れたり止まったりする、性機能障害、性欲低下など。 緑茶 ココア 小麦 玄米 海藻 貝 他
銅(1〜2mg/日) 鉄と組んで血液中のヘモグロビンを作ったり、さまざまな酵素の材料や活性剤として働く。過酸化脂質を分解する酵素の材料にもなる。子どもの成長には不可欠で、母乳にも含まれる。欠乏によって起こる症状は、動脈硬化、貧血、髪の毛が縮れる、骨変形、脳障害など。 いんげん豆 カキ 抹茶 牛レバー ごま アーモンド 他
カルシウム(600mg/日) 骨や歯に99%存在する。1%は血液中(または細胞)にある。1日に260mg以上必要。その作用は筋肉や神経の興奮性を正常に保ち、脳や神経の機能を正常化する。欠乏によって起こる症状は、骨粗鬆症(とくに閉経後、骨からの流出を止めるホルモンが減るため強い)、イライラ、興奮など。 干しエビ ひじき ごま 乾燥わかめ 乳製品 海藻 他
セノン 老化防止、制がん作用のほか精子形成、動脈硬化・肝機能障害・糖尿病・白内障などの予防に有効。SCD(活性酸素除去酵素)は、活性酸素を過酸化水素に変えるが、この過酸化水素を無害な酸素と水に分解するのが、グルタチオンペルオキシターゼやカタラーゼといった酵素で、グルタチオンペルオキシターゼが働くのに必要な物質がセレンとその他のミネラル(カタラーゼは鉄酵素)。 ごま わかさぎ カキ いわし かれい ねぎ ほたて貝 玄米 他
カリウム イオンとして細胞内に多量に含まれる。細胞外液のナトリウムと共同で、酸塩基のバランスを保つ。欠乏によって起こる症状は、筋肉の脱力感、心拡張など。摂り過ぎるということはないが、正常の3倍過多で心停止が考えられる。 海藻 干しぶどう プルーン バナナ じゃがいも 野菜 他

もっとミネラルを摂ろう関連ページ

農作物と魚介類と玄米
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
栄養の知識の今と昔
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
油の話、ほんとうは?
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
便秘の話
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
野菜の下ごしらえと選び方
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。

まずはこちらから

優光泉の材料産地