断食用酵素ドリンク「優光泉」でファスティング!酵素ダイエット体験

野菜の下ごしらえと選び方

野菜の下ごしらえと選び方

現代は、身体に良いとされる食品でも、有害物質が含まれるなどの危険性があります。

 

特に野菜などを生で食べる場合には注意しなければなりません。

 

リスクを減らすポイントは、まず、よく洗うことです。

 

ため水ではなくて流水でていねいに洗ってください。

 

見た目がきれいであっても有害物質が付着している可能性は高いです。

 

こするとか、スポンジでしっかり洗うことでリスクを減らすことができます。

 

有害物質は洗うだけでは落ちない場合もあります。

 

食材を水や調味液などに漬けておくと、有害物質を溶け出させることができます。

 

漬けるときには食材をカットして、表面積を広くしておくことで、より効果があります。

 

また、キャベツの外葉、バナナの茎などは有害物質がたまりやすい部分です。

 

その部分を取り除けば、さらにリスクを減らせます。

 

ちょっとした気の使い方で安心度も高まります。

 

野菜以外の食品ならば、有害物質がたまりやすいのは、脂身や内臓の部分です。

 

主な野菜の選び方と下ごしらえのポイントを紹介しておきましょう。

 

まず、どの野菜にもいえることですが、旬のものを選ぶのが一番安全で一番おいしいといえます。

 

アスパラガス(5月〜10月が旬)は、根元が1cmくらいの太さのもので、穂先が筆のように締まっているものを選びましょう。

 

水洗いし、切り分けてから茹でます。

 

オクラ(6月〜8月が旬)は6cmから7cmの長さのもので、表面のうぶ毛が多く、がくの色がきれいなものがいいでしょう。

 

塩もみしてから茹でます。ニラ(3月〜4月が旬)は幅が広く、葉が肉厚なものを洗って、切り、茹でたら水にさらしておきます。

 

ブロッコリー(12月〜2月が旬)はきれいな緑色でつぼみが詰まっていて、ずっしりと重いものを選び、小房に分けて切ったあと、水洗いして茹でます。

 

カリフラワー(12月〜6月が旬)もブロッコリーと同じでつぼみが詰まっていて重いもの、直径は15cmくらいのものがいいでしょう。

 

下ごしらえは、小房に切り分けてから洗い、酢を入れて茹でます。

 

小松菜(12月〜1月が旬)は葉が厚く、緑の色が濃いものを選びましょう。

 

水でさらし洗いをし、切ってから茹で、水にさらしておきます。

 

セロリ(3月〜4月が旬)は、茎が太く「の」の字形に曲がっているものが良く、こすり洗いをし、切ったら酢水にさらしておきます。

 

大豆は通年をとおしてあります。

 

ふっくらと、表面がつややかなものを選んでください。

 

水に一晩つけてから茹でます。

 

パセリ(3月〜4月が旬)はよく縮れていて肉厚なものを、水で洗い、さらに水にさらしておきます。

 

なす(6月〜9月が旬)はへたの部分に痛いほどのトゲがあり、皮に張りがあって紫色が濃いものが良く、水洗いをした後、なるべく薄切りにして水にさらします。

 

トマト(6月〜8月が旬)は丸くてバランスのとれた形をしているもので、こすり洗いをし、湯むきします。

 

山いも(12月〜1月が旬)は、表面にひげ根が多く、重みがあるものを選び、皮をむいて千切りにしたあと酢水につけておきます。

 

レンコン(11月〜3月が旬)は節と節の間が真っ直ぐで、丸みのある形のものを選びます。

 

水で洗い、皮をむき、切って酢水につけておきます。

 

ほうれん草(10月〜2月が旬)は10cmから15cmくらいの丈のもので、根元に近い部分から葉がいっぱい生えているものがいいでしょう。

 

よく水洗いをし、切ってから茹でます。

 

レタス(7月〜8月が旬)は芯の直径が2.5cmくらいで、切り口が白く、葉の緑が濃くないものがいいでしょう。

 

外葉をむき、葉は1枚ずつ洗ってください。

 

キャベツ(2月・4月・8月が旬)は外葉が反り返っていて、重みがあるもの。

 

カット売りならば芯の高さが3分の2以下のものを選ぶようにしましょう。

 

外葉をむき、よく水洗いします。

 

チンゲン菜(10月〜2月が旬)は茎の部分がつややかで張りがあるもので、根元を深めに切り、葉を1枚ずつはがして水洗いします。

 

白菜(11月〜2月が旬)は、巻きが固く、重いもの。

 

カット売りの場合は白い部分より黄色い部分が多いものがいいでしょう。

 

外葉をむいて1枚ずつはがして水洗いをします。

 

春菊(11月〜12月が旬)は根元がしっかりしていて、葉の長さが15cmから20cmくらいのもので、ボールに水を流しながらつけておき、もう一度水洗いをし、切ってから茹でます。

 

たまねぎ(4月が旬)は、皮につやがあり、透きとおっているものを選びましょう。

 

上下を浅く切り落とし、茶褐色の皮をむき、水洗い。スライスして塩もみして水でもみ洗いします。

 

じゃがいも(9月〜1月・5月が旬)は凹凸の少ないもの、大きさは中玉クラスで芽が出ていないもので、下ごしらえは、スポンジやタワシでていねいにこすり洗いをし、芽を取り、皮をむいて水にさらします。

 

さつまいも(9月〜11月が旬)は、毛穴が浅く少なく、ふっくらとしているものを選び、スポンジでこすり洗いをし、皮をむいてから水にさらします。

 

さといも(9月〜12月が旬)は丸い形のもの。

 

泥つきのものは漂白剤を使用している可能性は低いでしょう。

 

タワシでこすり洗いをし、皮をむいて塩もみし、茹でます。

 

にんじん(10月〜2月が旬)はひげ根が少なくて、色が均一のものが良く、スポンジなどでこすり洗いをして皮をむきます。

 

ごぼう(10月〜12月が旬)は小ひげが少なく、大きさが均一なもので、タワシでこすり洗いをし、包丁の背で皮をこそげ落とし、酢水にさらしてください。

 

大根(10月〜3月が旬)は、ひげ根のあとが少なく、白くてつややかで葉が青々としたものを選び、スポンジでこすり洗いをし、皮をむきます。

 

かぶ(1月〜7月が旬)は、張りがありつややかで、葉はみずみずしい緑色、ひげ根が1本ピンと伸びているものが良いものです。

 

水を流しながら手でこすり洗いをし、皮をむきます。

 

きゅうり(5月〜8月が旬)は太さが均一でとげの鋭いものを選び、塩もみするか、板ずりをしてください。

 

ピーマン(7月〜9月が旬)は、緑色が濃すぎず、皮に張りとつやがあり、へたの部分が生き生きとしているものを水洗いし、千切りにし、サッと茹でて冷水にさらします。

 

かぼちゃ(6月〜9月が旬)は、皮の縦じま模様がはっきりとしていて、果肉の色が濃く、種がぎっしりと詰まり果肉より引っ込んでいないものを選び、タワシかスポンジでこすり洗いをし、かすりむきをして茹でます。

 

ねぎ(11月〜12月が旬)は白と緑の境目がくっきりしているものが良く、外側の皮をむき、水洗いして使ってください。

 

もやしも通年手に入ります。

 

つやがあり、茎が短く、根に透明感があるものがいいでしょう。

 

ひげを取り、みずあらいします。

 

さやえんどう(5月〜6月が旬)は緑色が濃く、さやの中に大きい粒が7粒から8粒ほど詰まっているものがいいでしょう。

 

水洗いしたあと筋をとり、茹でます。

 

枝豆(6月〜9月が旬)はうぶ毛が多く、1つのさやに同じ大きさの粒が3つきっちり入っているものが良いものです。

 

塩もみして茹でます。生しいたけ(9月〜12月が旬)は、色むらのない薄茶色で、かさの内側のひだがはっきりしており、肉厚のもので、水洗いして使います。

 

野菜をしっかり摂って、きれいになりながら健康になりましょう。


野菜の下ごしらえと選び方関連ページ

農作物と魚介類と玄米
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
栄養の知識の今と昔
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
油の話、ほんとうは?
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
便秘の話
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
もっとミネラルを摂ろう
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。

まずはこちらから

優光泉の材料産地