断食用酵素ドリンク「優光泉」でファスティング!酵素ダイエット体験

マハリシ那須クリニック

マハリシ那須クリニック

マハリシ那須クリニックでの断食は、アーユルヴェーダを基本としています。

 

アーユルヴェーダとは、サンスクリット語のアーユスとヴェーダが組み合わさってできた言葉で「生命科学」という意味です。

 

マハリシ・アーユルヴェーダは、生命のすべてのレベル、意識、生理、行動、環境のレベルにバランスをもたらし、完全な健康を実現するための科学と技術です。

 

「完全な健康」とは、ドーシャ(人の生理機能を司る3つの力、ヴェーダ、ビッタ、カバ)のバランスが整い、健全な食欲を有し、組織が正常に働き、排泄が適切になされ、そして意識と五感が至福に満たされている状態です。

 

アーユルヴェーダのなかでも、身体の浄化を行う方法としてパンチャカルマとよばれる手法があるのですが、これは体内に蓄積されている未消化な食物を洗い流す方法です。

 

身体の中の排水管工事のようなものと言えるでしょう。

 

人間の体内には無数のリンパ管や血管、汗管、腸があり、人間の身体は管の集まりのようなものです。

 

その管の内側に「アーマ」とよばれる未消化の毒素がこびりついてしまい、蓄積され、やがて腐敗すると有害物を出し、病気のもとになっていきます。

 

パンチャカルマとはすなわち、これらのアーマを浄化する方法なのです。

 

本格的なパンチャカルマはマハリシ那須クリニックで受けることができますが、それに先立って、まず東京立川市にあるマハリシ立川クリニックで蓮村奮医師による診察を受け、個人個人の体質や症状に合わせた食事療法の指導を受けます。

 

マハリシ那須クリニックへ行くまでの2週間、指導を受けた食事療法を自宅で実行します。

 

その内容は、肉、魚、卵、牛乳以外の乳製品、芽野菜、根野菜、イモ類は禁止。通常の食事量の3分の2の量を、空腹と感じたときのみ食べる。

 

夜8時以降の食事は禁止。

 

夜10時には就寝、という結構厳しいものです。

 

さらに体調に合わせて下剤効果のあるひまし油を飲んで排泄させます。

 

ギーを飲むこともあります。

 

ギーは、インドなどで古くから作られているバターオイルの一種です。

 

ごまオイルでマッサージすることもあります。

 

ごまオイルは数分で骨髄まで浸透し、体内のアーマを溶かし出します。

 

それは血液をとおってやがて腸に行き、浣腸をして体外へと排泄させるのです。

 

2週間後、マハリシ那須クリニックでの2泊3日のパンチャカルマです。

 

まったく食事を摂らない断食ではなく、半断食を行います。基本的には朝食は摂りません。

 

どうしても腹がすいた場合は温かい牛乳を1杯飲みます。

 

昼食と夕食は、アーユルヴェーダをしている身体にやさしい特別な食事がバイキング形式で提供されます。

 

バイキング形式なので好きなだけ食べてもいいのですが、事前2週間の食事制限の影響からか、少量でお腹いっぱいになります。

 

内容はお粥やスープ、野菜の煮物など、低カロリーでバランスの良いものです。

 

インド音楽がかすかに流れていて、落ち着いた静かな環境で食事ができるのも魅力的です。

 

パンチャカルマのメニューは、アビヤンカという全身オイルトリートメントや、額からオイルを流して、脳と神経の疲れを取るシロダーラ、ごま油の浣腸によってお腹に滋養を与えるというマトラなど、個人個人の体調に合わせて組まれます。

 

パンチャカルマによって過剰な毒素や不純物が排出された身体になるのですが、体力や免疫力が低下していることもあるため、食事はすぐに元に戻さないで、一週間ほどかけて戻していくようにしなければなりません。

 

アーユルヴェーダは、身体だけではなくて、心もリラックスできます。

 

老廃物が身体の中から排出されていくのを感じるという人も多いようです。

 

マハリシ那須クリニックの、「食事に関する一般原則」と「食事の内容に関する原則」がありますので、確認しておいてください。

 

食事に関する一般原則
  1. 落ち着いた心で落ち着いた静かな環境で食事をします。同席する人や環境は快適であるべきです。食事中は仕事をしたり、雑誌、新聞などを読んだり、テレビを見たりしてはいけません。常に座って食べます。
  2. 食事は毎日、ほぼ同じ時間にします。
  3. 以前の食事が完全に消化されてから食べるようにします。食事の間は3時間から6時間空けます。
  4. 食事は以下の順序に従って食べることにより、適切な消化がなされます。食事の始めは、重いもの、油っぽいもの、濃厚な食べ物、固形物の食べ物。中ほどには、酸っぱいもの、塩辛い食べ物。終わりに、軽いもの、乾燥したもの、苦いもの、渋いもの、液状の食べ物。
  5. 早過ぎたり、遅過ぎたりしないように食べます。食べられる量の4分の3ぐらいが適量です。非常に空腹であったり、満腹になり過ぎないようにして席を離れます。
  6. 水やその他の飲み物を食事中にすするのはかまいません。温度は好みでかまいませんが、通常の室温より冷たいものはよくありません。とくに氷の入った飲み物や冷蔵庫から出したばかりの飲料水は飲んではいけません。食事前や食後1時間から2時間以内に多量の液状を飲むのはよくありません。
  7. よく噛んで食事します。消化活動は口の中から始まります。
  8. 食後は、活動に戻る前に数分間静かに座ります。
  9. 就寝直前に食べてはいけません。もし空腹であれば、コップ1杯の温かいミルク(カルダモンかジンジャーを加えてもよい)を飲むとよいでしょう。
  10. 昼食は一日の主な食事とします。朝食、夕食は質、量ともに軽くすべきです。例として、ヨーグルトやチーズ、大根、かぶ、にんじん以外の根菜類、アイスクリームなどの冷たい食べ物、牛肉、豚肉、レトルト、缶詰製品、生もの、パスタ類は夜はとくに避けてください。
  11. 毎食、大我を考慮して食事を頂きます。
  12. 食事は、できたてを温かいうちに食べると速やかに消化されます。

 

食事の内容に関する原則
  1. 食事は温かく、そして適度の油分を含んでいるべきです。
  2. ミルクは、他の味と混ざった食事と一緒に飲んではいけません(野菜や肉など)。ミルクはミルクだけか、トーストや穀物、甘味の食事と一緒に摂り、それ以外の食事とは別に飲んだほうがいいでしょう。とくに、魚や卵、酸っぱい物(酸っぱい果物やヨーグルトなど)、大根、にんにくや塩などと混ぜて飲んではいけません。
  3. 毎回の食事には、6つの味(甘、酸、塩、辛、渋、苦)すべてが含まれているべきです。体質やその他生理的必要性も考慮されるべきでしょう。
  4. 食事の際、一般的には自然な欲求を大切にし、それに従います。その欲求は、ある特定の瞬間に生理的バランスを取るために必要なものを表す、生理の手段です。しかしながら、習慣的パターンによって生理的アンバランスを補正するものを欲求しない場合があります。
  5. 蜂蜜はどんな形でも40度以上の熱を加えてはいけません(焼いたり、熱い飲み物に加えたりなど)。
  6. 生の食物(生野菜、調理されていないオーツフレークなど)を多く摂ることをすすめません。ただし、よく熟れた新鮮なフルーツは結構です。
  7. 食物はその土地にできた、季節のものを選ぶほうがよいでしょう。

マハリシ那須クリニック関連ページ

ファスティングアリーナ蓼科
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
やすらぎの里
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
一日断食、半日断食を自宅で挑戦
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
自宅でできる週末断食
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
擬似パンチャカルマ
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
鶴見クリニックの食事療法
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。

まずはこちらから

優光泉の材料産地