断食用酵素ドリンク「優光泉」でファスティング!酵素ダイエット体験

一日断食、半日断食を自宅で挑戦

一日断食、半日断食を自宅で挑戦

断食の専門施設であるファスティングアリーナ蓼科が、自宅でもできる一日断食、および半日断食を指導してくれました。

 

初めての人でも手軽にトライすることができます。

 

週末がお休みになる人の場合ですが、半日断食などは仕事をしながらでもできますが、リラックスして無理なくできるのはやはり自宅にいるときなので、基本的には週末に行うことをおすすめします。

 

まず、半日断食です。断食前日は普段と同じ食事で大丈夫です。

 

ただ、夜遅くの食事は避けましょう。

 

遅くとも午後10時までに食事などを終えるようにしましょう。

 

断食当日は、半日断食ですので朝食と昼食をコップ1杯から2杯の野菜ジュース、夕食は回復食です。

 

回復食ですから、高カロリーのものや油っこいものは避け、8分目くらいの量を摂るようにしてください。

 

断食中、水分はこまめに摂ってください。少なくとも日中500mlの水を飲むようにしましょう。

 

翌日は普段どおりの食事に戻りますが、これまでよりも少ない量でお腹いっぱいと感じるようになるかもしれません。

 

その場合は無理して食べないように。

 

一日断食の場合は、前日のお昼から少しずつ食事の量を減らしていき、断食当日は3食とも野菜と果物のフレッシュジュース、断食翌日は回復食を摂ります。その翌日からは、徐々に普段の食事に戻ります。

 

注意事項は、半日断食のときと同様、水分をこまめに摂ること。

 

のどが渇いたと思わなくても、意識して水分補給してください。

 

そしてゆったりと過ごすことです。

 

フレッシュジュースはいろいろな種類の野菜や果物を使って、なるべく種類を変えると変化があって飽きないし、ビタミンやミネラルのバランスも取れます。

 

りんごを入れると、少々香りのきつい野菜でも、飲みやすくおいしく飲むことができます。

 

参考にするレシピもありますが、それぞれの種類の量は好みで調整すればいいでしょう。

 

野菜と果物がたっぷり摂れる、栄養たっぷりのおいしいジュースになると思います。

 

できれば、材料は無農薬のものを使いましょう。

 

断食翌日の回復食は、消化のよいお粥などが望ましいです。朝は普段の3分の1の量を、昼食は普段の半分量、夕食は7分目くらいが適当です。

 

回復食で過ごしたその翌日は、もう普段どおりの食事でも大丈夫ですが、できれば朝食は回復食のお粥などを7分目くらいにしておくと胃腸の負担も少なくて済みます。

 

フレッシュジュース・レシピ
明日葉ミックスジュース アシタバ   100g

ほうれん草   100g

セロリ   20g

メロン   100g

リンゴ   1/2個

レモン   少々

この明日葉ミックスジュースは老廃物を排出してくれるすぐれもの。便秘解消にもなります。
トマト・セロリ・リンゴジュース トマト   1個

セロリ   1/2本

リンゴ   1/4個

パセリ   10グラム

レモン   1個

冬の時季や、夏のエアコンで冷えてしまったときに、このジュースがいいでしょう。
トマト・オレンジジュース トマト   1個

オレンジ   1/4個

(またはパイナップル   1/8個)

キャベツ   80g

レモン   少々

リンゴ   1/2個

血液をサラサラにする効果があるので、高コレステロール対策にもなります。
キウイ・ミックスジュース キウイフルーツ   1個

プリンスメロン   100g

パセリ   20g

キャベツ   80g

リンゴ   1/2個

レモン   少々

血液サラサラ効果と、胃腸炎対策になります。

 

日程が許せば、自宅での3日間断食にも挑戦してみてください。

 

3日間のプランは本格的な断食になるので、代謝のパターンも変わり、身体にたまった脂肪が燃えやすくなります。

 

3日間断食の場合は、断食に入る1週間ほど前から食事の内容を調整していきます。

 

断食中の3日間の食事は、3食ともフレッシュジュースです。

 

そして3日間の完全断食の後は、3日間回復食を食べて、身体を調整していくというやり方です。

 

注意事項としては、こまめに水分を摂ること。

 

断食中は水かお茶を2リットル以上、回復食の期間には1リットルは摂るようにしてください。

 

添加物の入ったジュースやコーヒーなどのカフェインを含む飲み物も避けてください。

 

タバコは禁止です。

 

また、断食中の3日間の入浴は、シャワー浴にしてください。

 

湯船につかると血管が開いて、脳貧血を起こし倒れる危険があります。

 

準備期間から、食事内容や体調に気を配り、調子が悪かったら医師に相談するとか、延期するなどして、無理をしないように気をつけましょう。

 

断食をすることで、それまで悩んでいた病気や身体の不調が改善される場合があります。

 

断食で改善が期待できる病気

  • 消化器系:消化不良  便秘  憩室炎  口臭  など
  • 皮膚系:にきび  ヘルペス  老人斑  など
  • 呼吸器系:喘息  肺炎  肺気腫  など
  • 循環器系:心臓病  動脈硬化  静脈瘤  など
  • 免疫系:鼻炎  花粉症  ウイルス感染  など
  • 神経系:躁鬱病  多発性硬化症  など
  • 内分泌系:月経前症候群  生理不順  など
  • 臓器:肝臓病  腎臓病  胆嚢の繊維症  など
  • 汚染:化学物質過敏症  化学物質中毒  など
  • 一般症状:肥満  腰痛  慢性疲労  など

 

断食1週間前からの調整期間の食事は、肉や卵などの高たんぱく、高脂肪を避けて「まごわやさしい」の食品を中心にメニューを考えてください。

 

「まごわやさしい」は「ま」の豆類、「ご」のゴマなどの種子類、「わ」のワカメなどの海藻類、「や」の野菜類、「さ」の魚、魚介類、「し」のしいたけなどのキノコ類、「い」のイモ類の覚え方で、「孫はやさしい」と覚えましょう。

 

「ま」の豆類はたんぱく質、食物繊維、マグネシウム、ビタミンB群、鉄、マンガン、亜鉛、オメガ‐3脂肪酸、レシチンなどの栄養素を含んでおり、「ご」のごま類などはオメガ‐3脂肪酸、ビタミンE、レシチン、たんぱく質、セサミン、「わ」はヨード、ビタミンB群、カルシウム、カリウム、マグネシウム、アルギニン、などを含みます。

 

野菜にはベータカロチン、硫黄化合物、ビタミンC、食物化合物、魚介にはビタミンB群、亜鉛、鉄、タウリンなどDHA(オメガ‐3脂肪酸)などの含有栄養素があります。

 

「し」のしいたけなどには、免疫を高める作用をする多糖体、ビタミンB群、食物繊維、ビタミンD、イモ類には食物繊維、ビタミンC、カロチンが含まれています。

 

「まごわやさしい」の食品は、断食にかかわらず、日頃から摂取するように気を配りたいものです。

 

食事を自分で作らないで外食する場合は、洋食よりも和食を食べるようにしてください。

 

そして、3日間の断食に入ります。断食当日の朝は、まずたっぷりの水を飲むこと。食事代わりのフレッシュジュースは、いろいろな種類の野菜や果物を使って、バランスを考えて作ってください。

 

これも、自宅で作らない人は、ファスティングアリーナ推薦の市販のファスティングジュースもあります。断食後の3日間、回復食の期間ですが、この時期が断食の成功のカギを握っているのです。

 

ここで急に普段と同じ内容や量の食事を摂らないようにしてください。

 

お粥を中心としたメニューから始めて、「まごわやさしい」も取り入れながら、油や肉を控えて、徐々に普通の食事に戻していきましょう。


一日断食、半日断食を自宅で挑戦関連ページ

ファスティングアリーナ蓼科
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
やすらぎの里
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
マハリシ那須クリニック
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
自宅でできる週末断食
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
擬似パンチャカルマ
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。
鶴見クリニックの食事療法
「酵素」とは身体活動で重要な「消化」「代謝」を促す物質です。このうち「代謝」は体内の脂肪をエネルギーに変えたり、様々な栄養素を血液や筋肉に変える働きをします。ファスティング(断食)の際に「酵素」を摂取すると、「代謝」をよりいっそう促進することになり、ファスティングによるダイエット効果を上げることが期待できるのです。

まずはこちらから

優光泉の材料産地