断食用酵素ドリンク「優光泉」でファスティング!酵素ダイエット体験

断食中のフレッシュジュース作り

断食中のフレッシュジュース作り

断食中にはビタミンや酵素、ミネラルがたっぷりのフレッシュジュースが欠かせません。

 

ただ食事を摂らないというだけでは、体重が減ったとしても断食が成功したとはいえないでしょう。

 

自家製のフレッシュジュースを効果的に摂取することで、断食の成功率がアップします。断食中だけではなくて、普段の食生活でも積極的にフレッシュジュースを作って飲むようにしてみましょう。

 

新陳代謝がよくなって、排泄もスムーズになるでしょう。

 

ジュースをつくるときのポイントがいくつかあるので、それに沿って作ってください。

 

まず、飲む直前に作ることです。ジュースの材料となるものは野菜や果物なので、ビタミンが豊富に含まれています。

 

ビタミンB群やビタミンCなどの水溶性ビタミンは、時間が経つと失われてしまう栄養素です。

 

また、食材によっては、ジュースにしてから時間が経つと分離するものや、変色するものもあります。

 

飲む直前に手早く作り、すぐに飲むと、栄養分を効果的に摂ることができます。

 

また、野菜も果物も、鮮度の良いものほど栄養価も高いものです。

 

なるべく新鮮な食材を使いましょう。そしてできるだけバリエーションを豊富にするのが望ましいです。

 

食材が多いほどたくさんの栄養素を摂取することができ、なおかつ栄養バランスも良くなります。

 

さまざまな材料を使うようにしてください。

 

フレッシュジュースは冷たいほうが飲みやすいかもしれません。

 

ですが、だからといって、作ったフレッシュジュースに氷を入れると身体を冷やしてしまいます。

 

あらかじめ冷やしておいた食材を使って作ると、冷え過ぎず、ちょうど飲みやすい温度のジュースができあがります。

 

ジュースを作るにあたっては、材料の皮はむくようにしてください。

 

皮は、栄養が豊富な部分ですが、残留農薬がある場合もあります。

 

念のために皮をむきましょう。新鮮な食材を使って作るものですから、食材にはその素材の甘みがあります。

 

お砂糖を加える必要はありません。

 

どうしても甘味を加えたいときや、甘味を加えることで飲みやすくなるものの場合はハチミツやオリゴ糖を適量いれるようにしてください。

 

フレッシュジュースの一日の量は、コップ1杯から2杯で十分です。

 

一度にたくさんの量を飲むのではなくて、毎日1杯から2杯のジュースを飲み続けることが大切です。

 

フレッシュジュースを作るのに必要なのは新鮮な材料とジューサーなどの機器です。

 

これについても少し説明しましょう。

 

ジューサーは材料を回転カッターですりおろし、遠心力で水分だけを搾るものです。

 

使い方は、材料を投入口に入る大きさに切って、付属の棒で少しずつジューサーに押し込みます。

 

回転の妨げになってしまう種、芯、皮、根などはあらかじめ取り除いておいてください。

 

食材の種類が多いときは、生姜やにんにくなど量の少ないものから、トマトや葉類のような柔らかいもの、りんごやにんじんのように固くて水分のたくさん出るもの、というような順番で入れていってください。

 

材料を一度にたくさん入れ過ぎてしまってはいけません。

 

一度に投入する材料は、だいたい500gくらいまでです。

 

回転が悪くなってしまったら、途中で繊維質などのカスを取り除いてください。

 

すべての材料を入れ終わったら、数十秒間回転させてから、スイッチを切りましょう。

 

すぐにスイッチを切ってしまうと、フィルターの中に濾し出されている途中の水分が残ってしまいます。

 

豆乳、牛乳、ヨーグルト、はちみつ、レモン汁などはジューサーにかけないので、最後に加えて混ぜてください。

 

ジューサーは、皮や繊維質まで取り除くので、なめらかで口当たりがよいジュースを作ることができます。

 

飲みやすいジュースができるので、繊維質などが得意でない人にとっては向いているかもしれません。

 

ジューサーと違って、繊維質まで一緒に摂ることができるのはミキサーです。

 

ミキサーは、高速回転する刃で材料を細かく切り刻み、混ぜ合わせるものです。

 

材料の種、芯、皮、ヘタなどを取り除いて一口大にカットします。

 

とくに固い物は少し小さめに切ってください。

 

回転しやすくなります。

 

ミキサーは材料に水分がないと回転しにくく、空回りしてしまうとか、作動しないことがあります。

 

そのようなときには少量の水や豆乳、牛乳などを加えると刃が回転しやすくなります。

 

言いかえれば、ジューサーと違って液体やヨーグルトなどを一緒に混ぜることができるのが、便利です。

 

材料をミキサーに入れ、蓋をしてスイッチを入れますが、蓋が浮いていないか、きちんと刃が回転しているか、などをチェックしてください。

 

材料の種類が複数のときは、やわらかい物から固い物の順番で、必ずスイッチを切ってから追加していくようにしましょう。

 

刃の回転スピードを調整できるタイプのものならば、水分が多くやわらかい物は低速回転、固い物は高速回転にするなど、使い分けましょう。

 

グレープフルーツ、オレンジなどの柑橘類やスイカ、メロン、いちごのように果肉がやわらかくて水分の多い物をジュースにするときは、ハンドジューサーが向いています。

 

筒型の投入口に果肉を入れて搾るタイプのものと、柑橘類を半分に切って皮ごと搾るタイプの2種類があります。

 

材料をセットしてハンドルを押し下げるだけなので、簡単にジュースにすることができます。

 

ただし、一度にたくさんの材料を搾ることはできません。

 

ハンドミキサーは、適当な大きさに切った果物、豆乳、ヨーグルトなどの材料を直接容器やグラスに入れて、ミキサーの刃が材料に垂直に当たるようにセットし、スイッチを入れてジュースを作ります。

 

小さいガラスや薄手のカットグラスなどの割れやすいものは避けてください。

 

他に、材料が柑橘類に限られますが、スクイーザーは半分に切った材料を、器具中央の突起部分に当てて押しながら回すことで簡単に果汁が搾り取れます。

 

グレープフルーツ、オレンジ、レモンなどの果実を搾ります。機器の種類はいくつかありますが、自宅にあるものを上手に利用して、いろいろなジュースを作ってみてください。

 

もしも新しい機器の購入を検討されているのならば、おすすめは「!低速圧縮搾りジューサー イキイキ酵素くん」という低速圧縮搾り野菜ジューサーです。

 

これはカッターではなく、スクリューが葉物の野菜を巻き込んで低速回転し、押し潰しながら搾ります。

 

ほうれん草、小松菜、パセリなどの軽い葉物の野菜は、今までジュース化しにくかったのですが、イキイキ酵素くんを使えば簡単にジュースにすることができます。

 

また、抗酸化作用を高め、身体の免疫力を強化し、発癌抑制や動脈硬化予防、高血圧予防に有効だとされる「カロチン」「フラボノイド」「葉酸」「キサントフィル」などが、このジューサーを使って作った野菜ジュースでは、まるごと摂ることができるのです。

 

健康のために野菜をたくさん摂ることが良いということはよくわかってはいても、現実にはそれほどたくさん食べられないものです。

 

ですが、野菜ジュースとして飲むことによって、酵素と水溶性ビタミンをそのまま摂ることができます。

 

フレッシュジュースは濃縮された野菜や果物の栄養素を身体に与え、なおかつ身体の中をきれいに掃除してくれる解毒効果もあります。

 

毎日の食卓にぜひ取り入れてください。ジュースにする野菜や果物は何でもよいのですが、適した野菜と果物をいくつか挙げておきますので、参考にしてください。

 

生ジュースに適した食材
特長 主な効能
キウイフルーツ 果物のなかで最もビタミンCと食物繊維が豊富。キウイフルーツ1個で一日の必要量のビタミンCが摂取でき、食物繊維も大根やかぼちゃ、たけのこと同じくらい含まれている。他にもビタミンEやカリウム、たんぱく質分解酵素のアクチニジンが含まれている。 美肌効果

 便秘・糖尿病・貧血予防 

冷え性・肩凝り対策

動脈硬化の予防

更年期障害の緩和

グレープフルーツ ビタミンCが豊富。主食の糖質を効率よくエネルギーに換えてくれるビタミンB1も多く含まれる。アメリカの代表的な健康医療三大団体に、がんや心臓病、出生時障害の危険を減らす食品として認定されている。 貧血、慢性疲労、消化不良、 シミ・ソバカスの予防
いちご ビタミンCの含有量がとても多い。食物繊維は柑橘類の2倍。ビタミンB1、B2、E、クエン酸も含まれる。 疲労回復、便秘、二日酔い、シミ・ソバカス予防

風邪予防

オレンジ ビタミンCの含有量が多く、ビタミンA・B群・E、カロチン、クエン酸なども含まれる。薄皮や白い筋の部分にはビタミンPが含まれていて、動脈硬化や高血圧の予防にも優れている。 シミ・ソバカス、食欲不振、風邪、生活習慣病の予防
スイカ 95%を水分が占めるスイカはビタミンA・B1・B2・Cの他にもカルシウム、カリウム、鉄、リン等のミネラル成分を多く含んでいる。また、種にはたんぱく質、リノール酸が非常に豊富で、ビタミンB群・Eも多く含まれている。 むくみ、二日酔い、腎臓病、高血圧、夏バテの予防
バナナ 1本で一日の必要量の20%を摂取できるほどカリウムの含有量が多く、マグネシウムもグレープフルーツやオレンジの約2倍の量が含まれる。不溶性の食物繊維も豊富なので、便秘の予防や肥満の改善などにも有効。 便秘、大腸がん、生活習慣病、高血圧、動脈硬化の予防

脳卒中の抑制

パイナップル たんぱく質分解酵素ブロメリンやクエン酸が胃液の分泌をよくしてくれるほか、胃腸の健康を保つのに役立つ成分が多く含まれる。また、ビタミンB1が疲労回復に効果をもたらす。 消化不良・下痢などの消化器系障害、便秘、がん、生活習慣病等の予防
マンゴー ビタミンAが果物の中で最も多い。ビタミンCやカリウム、ベータカロチンが豊富。緑がかっているうちはビタミンCの含有量が多く、熟するほどにベータカロチンが増えていく。 肌荒れ、便秘、高血圧、眼精疲労、生活習慣病予防
りんご 健康管理に役立つ果物。カルシウム、ビタミンC、鉄分、カリウム、ポリフェノール、食物繊維が豊富。りんごポリフェノールには、悪玉コレステロールを減らすのに有効。 便秘・高血圧・糖尿病予防

抗がん作用、生活習慣病予防

レモン シミ、ソバカスを緩和して、コラーゲンの生成を促し、張りのある肌へと導いてくれるビタミンCが他の柑橘類よりも多く含まれる。ビタミンE、B1、疲労回復に有効なクエン酸、食物繊維のペクチンも豊富。 シミ、ソバカス、風邪予防

便秘解消

疲労回復

みかん みかんの果実には皮で保護されたビタミンCが豊富に含まれる。酸味の元になっているクエン酸は疲労回復に役立ち、血液をきれいにして代謝を良くする効果がある。白い薄皮には食物繊維が豊富。 便秘、肌荒れ、胸焼け、風邪予防、疲労回復
キャベツ ビタミンC、ビタミンB1、B2が含まれる。胃腸障害に有効なビタミンUも含まれる。食物繊維も豊富。カリウム、酵素の含有量も多い。 胃炎、胃潰瘍、便秘、風邪予防

がん予防

トマト ビタミンA、B群、C、クエン酸、リンゴ酸、鉄分など、さまざまな成分が豊富。ベータカロチンの仲間であるリコピンががんや動脈硬化などの生活習慣病を予防してくれる。リコピンやベータカロチンを体内に取り込むには、ジュースにするのが一番効果的。 高血圧、がん、動脈硬化、貧血、疲労回復、冷え性、肌荒れ予防
ニンジン ビタミンAを最も多く含む野菜。ビタミンAに変わり、がんを引き起こす原因にもなる活性酸素を不活性にするベータカロチンが豊富で、ビタミンB1、B2、Cなども含まれる。塩分を尿として排出し、血圧を下げ、免疫力を高めるのに有効なカリウムも豊富。 貧血、低血圧、冷え性、疲労回復、がん、高血圧、老化予防
セロリ 腸を刺激して便通を良くする食物繊維が豊富。ビタミンA、Cも含む。カリウムは全身の代謝を良くして、体内の余分な塩分も取り除いてくれる。独特の香りが食欲増進、精神安定、頭痛鎮静の効果をもたらす。 頭痛、動脈硬化の予防

精神安定 食欲増進

小松菜 ほうれん草の5倍のカルシウムを含むので、骨粗鬆症に効果あり。カリウムは血液をきれいにし、ビタミンCはストレス解消に役立ち、ベータカロチンは免疫力を高める。 がん、動脈硬化、骨粗鬆症、貧血、ストレスの予防

美肌効果

ブロッコリー 房、茎ともに食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富。ビタミンCは特に多く、それに働きかける鉄も多い。がん予防や生活習慣病などにも効果的な野菜。 ストレス、肌荒れ、生活習慣病、貧血、動悸、息切れ、がん予防
ピーマン ビタミンA、Cが豊富。ピーマンに含まれるビタミンCは調理してもほとんど栄養価が下がらない。赤や黄色のピーマンは緑色のピーマンよりもビタミンCが豊富。コレステロール値を下げる食物繊維も多い。 ストレス、便秘、貧血、夏バテ、肌荒れ、風邪予防

コレステロール値低下

カボチャ がん予防や高血圧、便秘に効果的。ベータカロチン、食物繊維が豊富。カリウム、ビタミンA、B1、B2、Cも含まれており、ビタミン、ミネラルのバランスがよい野菜。胃腸を丈夫にし、身体を温める効果がある。血液循環を良くする。 高血圧、眼精疲労、動脈硬化、風邪予防、肌荒れ、がん予防
ジャガイモ 主成分は炭水化物であるでんぷんだが、ビタミンCはりんごよりも多く含まれる。風邪予防や免疫力アップに効果的。体内の余分な塩分の排出を促すカリウムが豊富なので、高血圧や腎臓の悪い人にもおすすめの野菜。ミネラル、食物繊維も多い。 高血圧、風邪予防

がん予防

整腸作用

腎臓の水分調節

アシタバ 野菜の中で唯一、カルコン化合物を含んでいて、がんや血栓予防、セルライト解消に効果がある。カリウム含有量が特に多く、他にもカロチン、ビタミン、ミネラル、たんぱく質、アミノ酸が豊富。鉄分や食物繊維も豊富なので、貧血や便秘にも効果的。 がん予防、血栓予防

便秘、認知症予防

抗アレルギー作用

 

これらの野菜や果物は、新鮮なものを使ってください。

 

無農薬のものが手に入ると良いのですが、そうでなければどうしても農薬などの有害物質が含まれている可能性があります。

 

野菜や果物を安心して食べるために、よく洗う、茹でる、取り除く、皮をむく、酢や塩を使う、などして、できるだけ有害物質を取り除きましょう。

 

農薬などが残留しやすい部分、たとえばじゃがいもの芽、キャベツや白菜、レタスなどの外葉ですが、じゃがいもの芽は包丁できれいに取り除き、外葉ははずしてください。

 

外葉を1枚むくことで、残留農薬を1/20にまで減らすことができるそうです。

 

また、野菜の表皮のクチクラ層に農薬がたまっているといわれますが、それより内部にはあまり浸透しません。

 

ですから、皮をむくことで農薬のほとんどを取り除くことができます。

 

取り除く他に、水に溶け出させるのも有効です。

 

農薬や土に含まれているダイオキシンなどは、野菜の表面に付着しているのですが、1分以上洗い続けることで、それらの有害物質の30%から80%が落ちるという報告もあります。

 

表面を流水で、またはスポンジやタワシを使って、よく洗うようにしましょう。

 

野菜の種類によっては、茹でるのも効果的です。

 

野菜の表皮のすぐ下のクチクラ層や内部にしみ込んでいる農薬、有害物質が、茹でることによってお湯に溶け出します。

 

野菜類を切ってから茹でるといいでしょう。酢水につけておく方法もあります。

 

酢には農薬を引き出す力があるからです。

 

塩による浸透圧で、農薬が水分と一緒に溶け出すこともあるので、塩もみや板ずり(野菜類に塩をふり、まな板などの上で、手で押さえながら転がす)をするのも効果的です。


断食中のフレッシュジュース作り記事一覧

レシピ

フレッシュジュースは決まった作り方をしなければならないわけではありません。それぞれの好みやそのときの気分、手に入る食材などによって、いろいろなジュースを作ることができます。毎日飲むのに、種類を変えると、作るのも飲むのも楽しいかもしれません。いろいろなレシピを紹介します。これらを参考にして、オリジナル...

≫続きを読む

 

まずはこちらから

優光泉の材料産地