断食用酵素ドリンク「優光泉」でファスティング!酵素ダイエット体験

ファスティングを始める前に

ファスティングダイエット

私のファスティングダイエット失敗談

 

早速、優光泉が到着したので、断食を始める前に準備期間を設けることにしました。

 

優光泉の入っている箱を開封すると、ファスティング(断食)のススメという数ページのパンフレットが付いています。

 

これを読んでみると、3日間何も食べないというのは事前・事後の準備が大切だということがわかります。

 

断食をいきなり始めてしまうと、胃腸がビックリしてしまったり、復帰後の食欲回復がひどくなってしまったりという問題があるようです。

 

実は、私は以前ファスティングダイエットにチャレンジしたことがあります。

 

当時は酵素ドリンクを使わず、野菜をミキサーで砕いてスムージーにして飲んでいました。

 

しかし、1日も持たずに挫折してしまったのです。

 

この時の問題点としては、まったく準備期間を設けなかったことが挙げられます。

 

「やろう!」と思ったらすぐに行動したがる私は、ファスティングダイエットを始めようと決めたせいで、その日から断食を実践してしまいました。

 

結果は上でお伝えした通り。

 

やはり、いきなり食事を絶つというのは容易なことではないのです。

 

ファスティング(断食)を開始する前の準備

 

1日程度のファスティングであれば前日の夕食を軽いものにして、早い時間に済ませるという程度で十分と言われています。

 

たとえば、和食を金曜日の午後6時か7時に済ませて土曜日は断食。

 

日曜日にゆっくりと復食をして、月曜日から普通に戻すというだけでも十分に効果があります。

 

しかし、私がチャレンジしようと考えているのは3日間の断食。

 

せっかく自営業で時間もあるので、これくらいの期間は問題ないだろうと思ったのです。

 

ただし、ファスティングダイエットにはしっかりとした対策が必要です。

 

優光泉に同封されているパンフレットを見ると、前日1日を使って身体が食べないことに慣れる機会を与える必要があるとのことでした。

 

なお、3日間の断食と1日の復食期が必要らしく、計5日必要とのこと。

 

普通のサラリーマンではなかなか難しいのかなと思いました。

 

準備内容ですが、私の場合は前日の朝(準備期間の1日)からおかゆのみ。

 

3食同じメニューなのですが、朝から夜に掛けてだんだん塩分を減らすという手法を取りました。

 

いきなり塩分を摂取しないようにするのは、身体に対して大きな負担が掛かるだろうと思ったからです。

 

優光泉はなんとなく納豆のような味がする?

 

もちろん、断食の準備期間であるこの日から優光泉を飲み始めることにしました。

 

そこで、優光泉を飲んだ感想について紹介したいと思います。

 

正直な気持ちですが、「納豆みたいな風味がする!」と感じました。

 

同封されていた炭酸水で割ったのですが、やはり発酵されているからなのか、こういった食べ物・飲み物特有の感じがしました。

 

私は好きなので問題ありませんが、人によっては果実系のジュースと一緒に飲む等の工夫が必要かもしれません。

 

初日に数回飲んでみましたが、水で割ってみるのもOKかと思います。

 

ただし、マスキングされることなく味が伝わってきますから、炭酸水の方が良いと言う方もいるかもしれません。

 

味とは関係ないのですが、何となくベタベタとした感じが残ります。

 

口の中はもちろんのこと、コップにも感触が残っていました。

 

酵素ドリンクってこんなものなのかなと思って放置しましたが、この辺はどうなのでしょうか。

 

ただ、スーッと飲めるというのは言い過ぎかもしれませんが、まったく入っていかないということはありません。

 

むしろ、以前試したスムージーに比べればよほど酵素ドリンクの方が飲みやすいと思いました。

 

他のものがわかりませんが、優光泉を選んで良かったのかなと感じた瞬間です。

 

ちなみに、この日の夜の体重は74.9kg。

 

やはり、一日何も食べないというのは影響しているようでした。


まずはこちらから

優光泉の材料産地