断食用酵素ドリンク「優光泉」でファスティング!酵素ダイエット体験

楽勝気分は夕方まで

ファスティング初日は楽勝気分?

 

ファスティングダイエット初日。

 

優光泉を飲み始めて最初に思ったことは、意外と満腹感があるなということでした。

 

恐らく、炭酸水と合わせて飲んでいるからか、自然とお腹が満たされた感じがして断食ができそうな気持ちになりました。

 

「もしかしたら、ヨーグルトも梅干しも食べずにダイエット成功できるのでは?」などと妻と話していました(後で油断していたということを思い知らされるのですが)。

 

酵素ドリンクは意外と満腹な気分になるよと言われていましたが、なるほど、確かにこれならできるかもしれないなと思いました。

 

ただし、この点は個人差があると思います。

 

生活リズム的に朝食抜きが多いので(これが太ってしまった理由かもしれませんが……)、午前中に空腹感を感じないと言うのは元々かもしれません。

 

このあたり、人によるところが大きいので各自注意が必要でしょう。

 

「3日間この調子ならいいんだけどな」と思いながら、夕方頃までは快適に生活していました。

 

仕事柄、激しい運動はありませんから、特にフラフラとなる身体の不調を感じることもこの時点ではありません。

 

ひとまず上々な滑り出しといったところでしょうか。

 

最初の山場は1日目の夜

 

しかし、夜になると強烈な空腹感に襲われることに。

 

1日の中で何回も優光泉のソーダ割りと水を飲んでいたのですが、さすがに1日何も食べていないというのは身体にとって大きな負担になります。

 

ましてや、今まで大盛りが当たり前だったので胃袋が環境に適応できていないのでしょう。

 

とにかく何か食べたいという気持ちになりました。

 

気を紛らわせるために行ったのが散歩。

 

これは、優光泉のパンフレットにも書いてありましたが、適度な運動は良いとのことです。

 

もちろん、ウォーキングがダイエットに良いと言うことも知っていますが、特に断食期間中は筋肉が落ちやすいらしいからとのことです。

 

調べてみると、筋肉が不足した栄養を補給する為に、筋肉を分解してたんぱく質を維持するようです。

 

ある意味、身体の中では共食いのような行為が行われていると言えるでしょうか。

 

だからこそ、適度に運動をすることで筋肉が刺激されるという理論のようです。

 

ちなみに、裏技的な話になってしまいますが、ヨーグルトやプロテインを食べようと思った理由はここにあります。

 

大体、ファスティング期でも1日あたりに300kcal程度なら摂取して良いらしいです。

 

大豆プロテインを有効活用することで、ローカロリーにたんぱく質を補おうという考え方です。

 

筋肉も維持しやすいし、空腹感も満たせるのでちょうど良いかなと思います。

 

運動してお風呂に入ってお腹を温めて寝ることで乗り切る!

 

正直、1日目の夜はかなり辛いです。

 

私のようにほとんどカロリーを消費していない人でもそうですから、恐らく、空腹感を紛らわせる方法は運動だけに限りません。

 

身体を温めることが効果的と言う話を聞きました。

 

たとえば、懐石料理というものがありますが、言葉の語源を辿ると「お坊さんが修行中、空腹をしのぐ為に温かい石を懐に忍ばせていた」というところにあるとのこと。

 

つまり、お腹を温めるということは満腹感につながり、ダイエット効果が期待できるという話でした。

 

酵素ドリンクを飲む、散歩する、身体を温める、この繰り返しを行い、早めに寝るということで1日目を乗り切りました。

 

とにかく空腹感を解消する為には寝るしかないと思いました。

 

寝てしまえばどうにかなるだろうと思い、日付が変わる前、23時半頃には就寝。

 

今まで朝6時まで起きていたという生活リズムから考えると、これだけでも健康的な気がします。

 

ただし、ファスティングダイエットが3日間続くと思うとちょっとつらいですね。

まずはこちらから

優光泉の材料産地