断食用酵素ドリンク「優光泉」でファスティング!酵素ダイエット体験

ファスティング明けのまとめ

 

ファスティングダイエット ファスティングダイエット

 

ファスティング翌日が勝負

 

優光泉のパンフレットにもあったと思いますが、やはり、断食後が勝負と言われています。

 

要するに快復期とでも言うのでしょうか、身体が飢餓状態から栄養を摂取しようとしているわけですから、この時期が勝負というのは良く分かります。

 

カロリーを吸収しやすい時期でもあり、特に注意が必要です。

 

私が食べていたのは梅干しの果肉を混ぜたおかゆと具の無いすまし汁。

 

やはり、胃腸が弱っているから、突然消化が悪いものを食べるというのはNGと聞いていましたし、身体に優しいと思われるものを少しずつ摂っていくのがベストなようです。

 

この日も必要最低限の運動を行いました。もっとも、散歩するのが楽しくなってきたこともあって、これからはウォーキングを趣味にしようかなと思っています。

 

これは個人差があると思いますが、私はおかゆだけでは物足りないなと思っていました。

 

しかし、そこは我慢だと思い、味を変えるという意味もあって優光泉を飲みました。

 

最初に感じた納豆や味噌のような発酵食品のような風味も、今では一役買ってくれているような気がします。

 

食生活にちょっとした変化が!?

 

断食から明けて数日。

 

一番感じたことは食生活の変化です。大きく分けて3つの違いがありました。

 

1つ目は味の嗜好が変わったこと。

 

今まではとにかく甘いものや味付けの濃いものばかりを食べていましたが、ファスティングダイエット後は味覚が敏感になったのか、味付けが濃い物を食べなくても満足感を得られるようになりました。

 

世の中にはこんなに美味しい食べ物があるのかと、ローカロリーなものであっても感じるようになりました。

 

2つ目は食べる量の変化です。

 

ダイエットをする前は感じたこともありませんでしたが、ストレスなどで暴飲暴食をするにつれて胃袋も拡張していたようです。

 

元の状態に戻すことができたのか、ご飯を食べる量が減りました。

 

特に明確な違いとしては、今までは毎食200gお米を食べていましたが、現在は100gで十分に足りるようになったこと。

 

食べる量が明らかに変わりました。

 

3つ目は飲み物の変化です。

 

この3日間、優光泉とお水しか飲んでいなかったからか、今まで飲んでいたようなジュースやコーヒーを摂取しようという気持ちにはならなくなりました。

 

味の嗜好と似ているかもしれませんが、今までは「何となく」という気持ちで飲んでいたものが受け付けなくなったという変化がありました。

 

リバウンドの心配はなし!

 

「無理なダイエットはリバウンドしてしまうのかな」という不安があるのではないかと思います。

 

やはり、私も断食明けからしばらくは体重が戻ってしまうのではないかと感じていましたが、1ヶ月経ってもリバウンドしませんでした。

 

やはり、食生活が大きく変わったことと、ウォーキングの習慣が付いてきたことがあるのではないでしょうか。

 

体重はファスティング期と違って落ちなくなりましたが、71kgをキープすることはできました。

 

目標は以前の63kgなのですが、何度かファスティングダイエットを繰り返せば落ちるのではないかと思っています。

 

ただし、ジムで測定したのですが筋力量は多少落ちていました。

 

体重をもっと一気に落とそうとするなら、もう少し運動量を増やすべきではないかと思います。

 

内臓脂肪や皮下脂肪の数値もすべて落ちていましたが、確かにリバウンドしやすい身体になっているとは思います。

 

食生活自体が変わっていることもあって、摂取しているカロリーとのバランスが良いのでしょう。

 

ただし、優光泉だけでも3,4kg程度は十分に落ちます。

 

ファスティングダイエットにも少し慣れてきたのでまたチャレンジしてみようかなと思います。

 

スケジュールの確保だけが大変ですが、普通のサラリーマンの方でも意外とイケると思います。

まずはこちらから

優光泉の材料産地