断食用酵素ドリンク「優光泉」でファスティング!酵素ダイエット体験

ファスティング(断食)を始めるときに

ファスティング(断食)を始めるときに

断食は、自宅でも簡単にできるものですが、正しい知識とコツが必要です。

 

素人判断で行って失敗すると、生活のリズムを狂わせ、思わぬ病気を引き起こすことがあるかもしれません。

 

また、拒食症や過食症になってしまって健康的なダイエットの逆効果の結果となってしまうことも考えられます。

 

断食を始めようとするならば、その知識やコツをつかむために、できれば最初だけでも専門の施設に行って、専門医の指導を受けることをおすすめします。

 

3泊4日くらいの短期間でもかまいません。

 

正しい方法を学ぶことができますし、自宅で単独で取り組むのと違って、精神的にくじけてしまう確率も低くなります。

 

ですが、専門施設に篭るとなると、時間とお金が必要です。

 

ここでは、時間もお金も作るのが難しいという人のために、ファスティング指導を行っているクリニックの先生、およびファスティングを実施している専門施設の協力を得て、普段の生活に取り入れることが可能な、無理のない半断食の方法を紹介していきます。

 

ただ、自宅での断食に成功したとしても、機会があれば専門施設へ行ってみてください。

 

断食というのは、内臓のメンテナンスであり、身体のさまざまなトラブルをなくし、多くの生活習慣病を予防してくれる「予防医学」です。

 

断食をすることによって、本来人間に備わっている自然治癒力が高まって、病気に対する抵抗力や病原菌に対する免疫力が高まることになります。

 

そして、病気にかかりにくい健康な身体を作ることができるのです。飽食の時代である現代は、私たちの周りには常に食べ物があふれています。

 

保存の技術が進んだことにより、自宅では多くの食べ物の保管が可能ですし、外出しても、いたるところにコンビニエンスストアやファストフード店などがあります。

 

外食産業の発達により、好きな時間に好きなだけ好きなものを食べることが可能です。

 

スイーツやスナック菓子の種類も数え切れないほど多く、簡単に買うことができ、自宅でテレビを見ながら、おやつタイムを楽しむことができます。

 

食物の消化には、通常5時間程度、繊維質のものだと20時間はかかるといわれますが、私たちの内臓は、胃も肝臓も十二指腸も膵臓も腎臓も、消化作業に追われっぱなしで休む間もなく働いています。

 

断食をすることで、忙しい内蔵を休ませてあげることは、自然治癒力を高めるために、とても大切なことです。

 

私たちの身体は、食物が入らないことによって、今まで消化活動に追われていた体内の酵素を、細胞を活性化する働きにまわすことができるようになります。

 

身体に蓄積されていた悪いものを排出しようという働きが強まり、水分代謝が良くなり、血液の循環も良くなります。

 

動物も、自分の体調が悪いときには何も食べずにじっと回復するのを待つそうです。

 

本能的に、どうすれば早く回復するかを知っているのです。

 

人間の身体でも、一度食べ物を断つということは、自らのメンテナンスのためにもとても大きな意味を持ちます。

 

身体の変化に自分自身が驚くことでしょう。

 

医食同源という言葉があるように、食生活というのは、やせるためにも、健康な身体を作り、そしてそれを保つためにもとても重要なことです。

 

人間の身体の免疫機能は80%が腸に集中しているそうですが、腸は、栄養を吸収する場所なので、本当の意味で異物が侵入してくる最も危険な場所です。

 

ですから免疫力を駆使して防御しなければなりません。

 

酵素栄養学で有名な鶴見隆史先生によると、断食によって腸を清浄化して改善していくことが、自己の免疫力を高め、健康的にやせることにつながるということです。

 

腸管をいったんきれいにして、正しい食生活の知識を得て、身体のトラブルを解決しましょう。

 

断食を始める前の心得がありますから、必ず守ってください。

 

まず、断食スタートの前日は仕事やスポーツなどで無理をしないこと。

 

そして睡眠はしっかりとっておいてください。

 

断食を始める数日前から、暴飲暴食をしないようにしましょう。また、お茶や水など、水分を多めに摂るようにしましょう。

 

断食中は、自宅で断食を行う場合は、目につくところには食べ物を置かないようにしましょう。

 

断食中に飲むジュースや、ジュースにするフルーツや野菜、回復食や半断食用の食材の買いだめをしておくことは忘れないようにしてください。

 

体調に不安がある場合は、医師に相談するのはもちろんのことですが、生理の日にぶつからないようにスケジュールを組むようにしましょう。


まずはこちらから

優光泉の材料産地