断食用酵素ドリンク「優光泉」でファスティング!酵素ダイエット体験

ファスティングとアルファ波

ファスティングとアルファ波

アルファ波とは脳波のひとつで、心と身体にとても良い影響を及ぼすものです。

 

リラックスしているときに出るといわれます。

 

アルファ波のときは、精神活動が活発になっているので、ストレスを軽減させる効果もあります。

 

また、精神面だけでなく、免疫力が高まるなどの効果も見られます。

 

通常の日常生活をしているときには脳はベータ波になりますが、このときに分泌されるホルモンは、心配や緊張を引き起こします。

 

肩こりなどの筋肉の緊張があるときや、気持ちがすっきりしないときなども、ベータ波になっていることが多いようです。

 

脳波をベータ波からアルファ波に導き、心身をリラックスした状態にする方法のひとつにファスティング、断食があります。

 

断食は宗教の精神修行としても行われていました。

 

断食を続けるとアルファ波が出るようになるといわれています。

 

アルファ波が出ている状態では、交感神経の動きが制御されていて、脳も難しいことなど考えられません。

 

普段思い悩んでいることなど考えたくもなく、ただ単純に、眠いとか、お腹が減ったとか、喉が渇いたなどと考えて、仕事などもする気になりません。

 

つまり、身体のすべての機能を休ませることができ、それがリラックスにつながります。

 

当然、脳や神経だけでなく、胃腸をはじめとする全身の臓器も休まり、断食後は疲労感がうそのように取れて、身体も軽くなったように感じるでしょう。

 

そればかりかパワーが出てくるという人もいます。

 

心身を休ませて脳波をアルファ波の状態に導くために、普段多忙な政治家や芸能人で、年に一度くらい、断食を行っている施設などで断食をしてリフレッシュしている人もいるようです。

 

また、完全断食を行っている専門の施設もありますが、そのような施設を訪れるのには、デザイナーやアーティスト、スポーツ選手などが多いようです。

 

このような職業の人は、感覚をフルに使うのですが、完全に食事を抜く断食を行うと、視覚、聴覚、嗅覚など人間が本来持っている感覚が研ぎ澄まされてくるのです。

 

今まで当たり前のように見ていた景色などが新鮮に感じられて、そのすばらしさに気がついたり、それをヒントにして新たなアイデアやひらめきがあったりもするのです。

 

クリエーターなどの職業であれば常に新しいアイデアが必要ですが、身体や脳が疲労しているときなどは、仕事に行き詰まってしまいます。

 

このようなときには断食をして、脳をリセットすることで、スッキリして頭が冴えてきたりします。

 

特殊な才能を職業としている人は、定期的な断食を行っている人が多いようです。

 

断食体験者の中でも、感覚が普段より敏感になったという声もよく聞きます。

 

また、自然の中を散歩していて小鳥のさえずりが聞こえてきただけ、あるいは木々が風に揺れるだけで感動した、というような、自然のパワーを吸収しているような感覚を持ったという人もいます。


まずはこちらから

優光泉の材料産地