断食用酵素ドリンク「優光泉」でファスティング!酵素ダイエット体験

血液サラサラからくるメリット

血液サラサラからくるメリット

断食で腸をクリーンにすることで血液サラサラの状態になるのですが、このことは肩凝りや腰痛にも効果的です。

 

凝りや痛みがある部分というのは、血液の流れが滞っているわけですから、断食をして新陳代謝がよくなり、血液の流れがスムーズになることで症状が緩和されてきます。

 

全身のだるさなどは、血流の悪さや運動不足から感じるものですが、軽いストレッチングやウォーキングを取り入れながら断食を行うと、身体が軽くなるのが実感できます。

 

ドロドロ状態の血液というのは、良い血液や良い栄養が身体全体に行き渡るのを阻んでしまいます。

 

ですから新陳代謝が悪くなり、身体の冷えも招いてしまうのです。

 

身体の血のめぐりを良くする断食は、肩凝り、腰痛、冷え性の治療にも効果を発揮するのです。

 

ただし、慢性的にひどい肩凝りや腰痛がある人や、リウマチなどの持病がある人は、専門医の治療を受けながらの食事療法を取り入れた長期の半断食の実践が、根本的な治療となります。

 

断食の専門医としては、たとえば東京八重洲にある「鶴見クリニック」の鶴見隆史医師がおられます。

 

治療や指導を受けながらのファスティングを行うと、安心ですし、リスクも少ないでしょう。

 

断食では、果物や生野菜で作るフレッシュジュースを摂取するのですが、生ものは身体を冷やしてしまうと敬遠する人もあるかもしれません。

 

けれども冷えるのは一時的なことであって、生の果物や野菜、刺身、納豆や漬物などの発酵食品は、習慣化して食べることで体内酵素の働きが促進されて新陳代謝がよくなってきます。

 

断食中だけでなく、断食後も生ものを積極的に摂るといいでしょう。


まずはこちらから

優光泉の材料産地