断食用酵素ドリンク「優光泉」でファスティング!酵素ダイエット体験

うつ病の治療にも

うつ病の治療にも

断食は精神作用に良い影響を及ぼします。

 

断食をして、食べ物を口に入れなくても健康でいられることや生命力のすばらしさを実感し、さらには今までの悩みなどが取るに足らないことだと思えて、今、生きていることが素晴らしいと思えるようになってきます。

 

断食をすることで、身体にたまっていた疲れが取れ、身体が軽く感じられてきて、そのことによって気力もやる気もわいてきて、なんだか自信が出てきます。

 

モスクワの病院の精神科で、断食を治療として取り入れているところがあるのですが、ここでは良い成果が出ています。

 

日本の精神内科でも、半断食に近い食事療法を取り入れているところもあります。

 

断食は、精神を鍛えるとともに安定させる効果があるのです。

 

宗教上でも、精神を鍛えるための修行として、断食が行われてきました。

 

断食は精神修行だけでなく、身体の中に潜んでいたパワーを生み出すものなのです。

 

実は、腸とストレスは密接に関係しています。

 

断食をすると、腸が健康な状態になるので、自律神経の働きも正常化されます。

 

自律神経は断食によって、交感神経の動きが抑えられ、副交感神経が作用するようになります。

 

身体を緊張状態からリラックスした状態へと導くのです。

 

腸がきれいになり、血液がサラサラになり、新陳代謝が良くなるといった身体の状態は、身体だけでなく重かった心も軽く感じるようになるでしょう。

 

また、断食をするまでは実感として持ちにくいのですが、実際に「食べない」ということは「食べられる」ことの幸せやありがたみを素直に感じることができます。

 

この小さな幸せを感じることによって、これまで気がつかなかったことに対しても幸せを感じるようになります。

 

周りの人からの愛情を感じたりもします。

 

ひとつの幸せを感じることで、周りが見えてきて、ストレスも軽くなり、うつ病などにも良い影響を及ぼすのです。


まずはこちらから

優光泉の材料産地