断食用酵素ドリンク「優光泉」でファスティング!酵素ダイエット体験

断食をする前の注意とプラン

断食をする前の注意とプラン

断食には、ダイエット効果を初めとしてさまざまな効果がありますが、すべての人にその効果が表れるわけではありません。

 

向き不向きもありますし、そのときの体調によっては断食をしてはいけない場合もあります。

 

健康な人でも、やり方を間違えるとその反動で摂食障害に陥る危険もあります。

 

自分に合った方法を見つけて、一度コツをつかんでしまえばあとは難しいものではありません。

 

ただ、そのコツを的確に把握することが大切です。

 

最初はなるべく専門家の指示を仰いで行い、自分なりの断食のコツを的確に把握するのが望ましいでしょう。

 

専門の施設や病院で、きちんと検査などを受けてから行うのが安全です。

 

けれども、それでもやはり専門施設に行くのに必要なお金がかけられない、もっと手軽にやりたい、時間がない、というような人はいるでしょう。

 

そのような人は、まずは半断食にして完全に食事を抜かない方法にするとか、休日などを利用した短期間断食で試してください。

 

最初からの無理は絶対に禁物です。いきなり一週間の断食をして、身体のバランスをくずしてしまって、拒食症や過食症を招いてしまうということもあり得ます。

 

食事を完全に抜くということは、身体に及ぼす影響がとても大きいのです。

 

食欲という本能に逆らうわけですから、身体のいろいろなホルモンのバランスに影響を与えて、身体にさまざまな反応が出てきます。

 

ホルモンバランスに深く関係している生理不順や更年期障害などの症状があるならば、断食は避けたほうがいいでしょう。

 

個人差はあるのですが、体力のない人、新陳代謝の悪い人、胃腸の弱い人などは、自己流の断食をするのは危険ですから、やはり指導を受けてから始めることをおすすめします。

 

また、現在なんらかの疾患を抱えていて病院に通っている人、薬を常用している人、病み上がりや疲労がひどい人、怪我をしている人、やせ過ぎの人などは断食を行える体調ではないということを理解してください。

 

男性ならば体重が40キロ以下、あるいは体脂肪が14%以下だと明らかにやせ過ぎです。

 

女性だと体重35キロ以下、体脂肪が17%以下になります。

 

胃下垂の人も断食は禁物ですし、いつも下痢気味の人も、医師の診断なく断食を行わないようにしてください。

 

過去に拒食症や過食症などになったことがある人は、食事量のコントロールができなくなることがあるので、この場合も必ず医師や専門家の指導が必要です。

 

そして当然のことですが、青少年や幼児など、まだ育ち盛りの人などは、絶対にやらないでください。

 

栄養失調などを招く恐れがあります。断食にもいろいろな方法があって、その方法によって効果の表れ方も異なりますし、体質によっては向き不向きもあります。

 

自分にぴったりの方法を探ってから行うのがいいでしょう。健康な人で、まったくの初心者の人が始めるのなら、メニューを考えたうえで食事の量を減らすなどの食事療法を取り入れた半断食がおすすめです。

 

または、まず一食だけ食事を抜いてみて、身体の反応をみるのがいいかもしれません。

 

激しい空腹感、身体が重く感じる、イライラが出る、くらいなら大丈夫ですが、不整脈が出る、動悸が激しくなる、胃腸が痛くなる、強い脱力感が出る、などの場合は、自己流での断食はやめたほうがいいでしょう。

 

専門施設で行う断食も、決まったやり方ではなくて、施設によって、その人によってそれぞれに方法があるようです。

 

本格的な断食は、最低でも2泊3日からで、平均的に6泊7日の一週間コースで実施することが多いようです。

 

自宅で食事療法を行うという形の半断食や、週末などに、一日だけ完全に食事を抜くという週末断食などの方法もあります。

 

断食の専門施設へ一度行ってみてはどうですか。


まずはこちらから

優光泉の材料産地